【奥多摩フィッシングセンター】東京都内で楽しい川釣り!初心者でも沢山釣れるスポット紹介!

奥多摩フィッシングセンターTOP アウトドア

こんばんにちは!カズです!

みなさんアウトドアは好きですか?僕は旅行やドライブなどといったアウトドア的な活動がとても好きで、定期的に友人を誘って遊びにいっています。

今回は都内で楽しめる釣りスポット「奥多摩フィッシングセンター」を紹介したいと思います!僕は過去に奥多摩周辺の釣りスポットをいくつか回ったことがあるのですが、この施設が一番大量に釣れました!

場所は都心からは離れた奥多摩ですが、新宿から車で2時間ほどで行くことができます!日帰りで楽しむことができるので、家族や友人、恋人と一緒に行くことができるので、とてもオススメです!

大自然を肌で感じることができ、川で釣りをしながらゆっくりとした時間を堪能のするのはとても最高ですよ♪また、季節によって釣れる魚も様々で、釣った後にバーベキューで美味しく食べることもできます!

アクティビティと食事を同時に楽しむこともできるので、興味のある方は記事を最後まで読んでみてください!

奥多摩フィッシングセンターの魅力!

奥多摩フィッシングセンターレビュー1

奥多摩フィッシングセンターは、奥多摩漁業協同組合が経営する釣り場で東京都の奥多摩にあります。餌釣りやルアー、フライを使うことができ、主にニジマスを釣ることができます。

公式サイトでは中級~上級者向けとなっていますが、川釣りをしたことがなかった僕でも2時間足らずで10匹近く釣ることができました!

普段釣りをすることもないので、魚が食いついた時の引っ張られる感覚と釣り上げたときの達成感はたまらないです!

また、定期的に放流もしているので、魚がいないなんてこともありません!

季節によっては、ヤマメやイワナの放流もあるみたいですね。

奥多摩フィッシングセンターレビュー2

釣った魚は、施設でさばいてもらってその場で焼いて食べることもできます!イイ感じに塩も振ってもらえるので、塩焼きです!最高でした!

初心者向けと上級者向けのエリアにも分かれているので、釣りに慣れている上級者の方からも注目を浴びているようです。

奥多摩フィッシングセンターアクセス

東京都内からは、電車または車で行くことをオススメします。都心から1時間30分~2時間ほどで行けるため日帰りもできます。

電車の場合は、「JR青梅駅 御岳駅」が最寄りの駅になります。駅から徒歩で奥多摩川上流方面に15分ほど歩きます。道中も東京とは思えない大自然を楽しむことができます。

車の場合、青梅街道を使用します。カーナビで設定する場合、「御岳美術館」を設定しておくとわかりやすいと思います。美術館の少し手前に川をまたぐ道が道路の左側に伸びています。狭い下り坂なのでちょっと気づきにくいかもしれませんがナビの地図をよく見るようにしてください。

オススメ釣りエリア1:一般餌釣り場

奥多摩フィッシングセンターレビュー3

画像引用元:http://www.okutama-fc.co.jp/okutama_fc_esa.html

一般餌釣り場は、中級車~上級者向けで、奥多摩フィッシングセンターの最もメジャーなエリアです。餌釣りは「いくら」か「ブドウ虫」を使うことになります。ブドウ虫は幼虫が苦手な人は触るのすら嫌かもしれませんので、苦手な人はいくらを使うようにしましょう。

釣りの成果としては、やはり生きているブドウ虫のほうが良いので、釣りを楽しむために挑戦してみてもいいですね。

一般餌釣り場は、特に川が仕切られたりしていないため、もし全く釣れない場合はエリア内で場所を移動してみるのも手です。

また本流をそのまま釣り場にしているので、前日の天気によっては川の流れが速い場合があるかもしれません。

釣れる魚は、主にニジマスですが季節によっては「BIGマス、ヤマメ、イワナ」をサービス放流してくれます。放流後はたくさん釣るチャンスです!

オススメ釣りエリア2:釣り堀エリア

奥多摩フィッシングセンターレビュー4

画像引用元:http://www.okutama-fc.co.jp/okutama_fc_esa.html

釣り堀エリアは、初心者小さいお子さんがいる場合にオススメです。

また値段も400円で利用でき、あまり長居できない場合は釣り堀が一番コスパが良いです。

初心者でも簡単に釣ることができ、釣り自体初めてという人はまずは釣り堀で釣りのやり方を覚えるのもいいですね。また、基本的に釣った魚はリリースすることができず、釣った魚1匹ずつお買い上げという形になるので、事前に何匹まで釣るか決めておくのが良いでしょう。

また、釣り堀エリアだけの利用ではバーベキューはできないので、釣った魚は持ち帰ることになります。

オススメ釣りエリア3:ファミリーエサ釣り場

奥多摩フィッシングセンターレビュー5

画像引用元:http://www.okutama-fc.co.jp/okutama_fc_esa.html

ファミリー餌釣り場は、川の中を岩で囲いを作ったエリアで他のエリアと比べて浅めになっています。一般餌釣り場とは違い、川の流れがないため、初心者やお子さん女性向けです。魚が泳いでいる姿も見ることができるので、狙って投げることもできます。

魚はニジマスのみになり、釣り放題です。釣った後は施設の人にさばいてもらい、バーベキューで食べることもできます。

オススメ釣りエリア4:ルアー・フライ釣り場

奥多摩フィッシングセンターレビュー6

画像引用元:http://www.okutama-fc.co.jp/okutama_fc_esa.html

ルアー・フライ釣り場では、本格的な川釣りを楽しむことができ、中級者~上級者向けです。

本流を使った釣り場となるので、激しい川の流れで育った生きのいい魚釣りを楽しむことができますよ!大型の魚も狙えるので、川釣りに慣れている人や、本格的な釣りを楽しみたい方はこちらのエリアを使ってみるのが良いかと思います!

各エリアの利用料金

利用するエリアによって料金は異なります。一覧化していますので参考にしてください。

エリア名 利用料金 備考
一般釣り場 1日券 3,300円(1人)
貸竿 1本 300円
・場内でバーベキューを行う場合、総人数の7割以上の遊漁券が必要となります。
・年間を通し、いつでも釣り放題
釣り堀エリア ・1日券 3,600円
(貸竿 1本を含みます)
・釣り上げた魚は「さばき場」へ! スタッフが無料でさばいて竹串に刺して塩をふってお渡しします。
・場内でバーベキューを行う場合、総人数の7割以上の遊漁券が必要となります。
ファミリー釣り場 ・入場料 400円
(貸竿1本とエサを含みます)
・釣り上げた魚は1匹あたり330でお買い上げ。(リリースはできません)
・釣掘りだけのご利用でバーベキューはできません。 (エサ釣り遊漁証が必要です)
ルアー・フライ釣り場 ・1日券 3,700円
女性・高校生以下 3,150円・午後券 2,700円
女性・高校生以下 2,150円・ルアー釣り用貸し竿 3,000円
(保証料1,000円含む)
(破損・紛失がない場合、保証料はロッド返却時に返金)
・場内でバーベキューを行う場合、総人数の7割以上の遊漁券が必要となります

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

奥多摩フィッシングセンターは初心者から上級者まで楽しむことができる釣り場です。エリアも分かれているので、友達やカップル、家族で訪れてみてはいかがでしょうか?

また、釣った魚をその場で焼いて食べるのはとても美味しいですよ♪魚も施設の人にさばいてもらえるので楽ちんです。

都内で楽しめる釣り場は、いくつかありますが、僕個人の意見では、この奥多摩フィッシングセンターが一番釣れますし広いのでオススメです。値段は他の施設に比べ少し高めですが、施設の充実さを考えると一択だと思います。

もし興味があれば、利用してみてください!

それでは、良いエンタメライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました