【旅行日誌】2泊3日の八丈島観光!絶景や郷土料理が最高で大満足な旅!

八丈島観光TOP アウトドア

こんばんにちは!カズです!

今回は、以前旅行で八丈島に遊びにいったことがあるのですが、そのときに廻った場所や食べた料理などを紹介しようかと思います!

行った期間は7月の中旬で2泊3日でした。残念ながら天気には恵まれなかったのですが、とても楽しい旅になりました!

使った金額は交通費や食事代、宿泊費含めて7万ほどです。

どこかに遊びに行きたいけど、どこがいいかなぁと悩んでいる方は参考にしてみてください!

八丈島ってどんな島?

八丈島観光

八丈島は、伊豆七島の一つでありながら東京都に属する島です。

自然にあふれた島で、上空から見るとひょうたんのような形をしています。島の中には、八丈富士三原山の2つの山が存在し、登山を楽しむこともできます。

一年を通して高温多湿で平均気温が高く、バカンスを楽しみたい観光客にも人気です。また雨や霧も多く、現地の人曰く、一年の中で天気が良い日のほうが少ないとのことです。

そんな八丈島にはインスタ映えスポットや、島の豊かな自然を感じられる植物園も存在します!

アクセス方法

八丈島に行く手段は2つあり、飛行機での上陸になります。僕が旅行した時は成田空港から出る八丈島行きの飛行機で行きました!

飛行機に乗っている時間はだいたい1時間ほどになります。時期にもよりますが1日に3便ほどしか出ていません。また、観光シーズンは予約が殺到しますので、早め早めに航空券は予約しておくと良さそうです。

僕の時はだいたい2~3か月前に予約し、格安航空を利用して1人15,000円(片道)ほどでした。

※情報は古い可能性があります。必ず事前にご確認ください

宿泊場所『八丈島プチホテル満天望』

今回の旅行でお世話になったのは「八丈島プチホテル満天望」という小さなホテルです。

八丈島観光

公式サイトはこちら⇒ 八丈島プチホテル満天望公式HP

海辺近くの林に囲まれた小さなホテルで、夏はサーファーやダイバーの方でにぎわうようです。

部屋の中はとても綺麗で、都内のビジネスホテルのような内装でした。

お風呂は1つしかなく、時間帯で男女分かれています。5人くらい入るといっぱいになってしまうほどの広さでしたが、ほかのお客さんと時間が被らなかったおかげで貸し切り状態でゆっくりできました!

また、朝食付きのプランだと八丈島でとれた新鮮な食材を使った美味しい朝ごはんをいただくことができます!この時の朝食は太刀魚のマフィンバーガーでした♪

八丈島観光 八丈島観光

ハイシーズンでも一泊7000円前後で泊まれるため、旅費を安く抑えたい人にはおすすめです。
※宿泊費用情報は変わっている場合があります。

ただし近くに食材を買うお店はないので、夜食などは事前に買っておく必要があります。一番近いスーパーまで車で15分ほどです。

八丈島プチホテル満天望基本情報

施設名 八丈島プチホテル満天望
住所 東京都八丈島八丈町大賀郷930-2
アクセス 八丈町営バス 大里停留所より徒歩10分
八丈島空港から7分程度
電話番号 04996-2-7250
備考 お迎えは行っておりません.。公共交通機関をご利用ください。
チェックアウト時、空港又は港までお送りいたします。
前日までにご予約ください。
公式HP http://mantenbo.net/index.html

八丈島を一望できる高台にある牧場『八丈富士ふれあい牧場』

八丈島観光

画像引用元:https://twitter.com/8jokk/status/1035089019179134976

八丈島空港から車で約15分で行ける島のシンボルともいえる八丈富士。その中腹に位置する高台に「八丈富士ふれあい牧場」があります。

この時、天気が悪く一面濃霧で10m先が見えないほどでした。

八丈島観光

天気が良いと、見渡す限り緑一面が広がっているそうです。さらに、ふもと町や地平線まで見渡せるらしく、まさに絶景ポイント。次回行く機会があれば是非晴れてほしいです!

また、牧場の施設では、新鮮な牛乳で作られた牧場特製のスイーツを食べることができます。僕はプリンを食べたのですが濃厚でトロトロな舌触りが最高でした♪

八丈島観光

訪れた際は是非食べてみてください!

八丈富士ふれあい牧場基本情報

施設名 八丈富士ふれあい牧場
住所 東京都八丈島八丈町大賀郷 5627番地1
アクセス 八丈島空港から車で15分
電話番号 04996-2-1125(産業観光課産業係)
定休日 年中無休
営業時間 9:30~16:00
利用料金 入場料無料
公式HP http://www.town.hachijo.tokyo.jp/kakuka/sankan/sankan_fureai.html

溶岩が生んだ特殊な台地『南原千畳敷』

八丈島観光

南原千畳敷(なんばらせんじょうじき)は八丈島のちょうど西側の海岸にある溶岩台地です。

八丈島観光 八丈島観光 八丈島観光 八丈島観光

はるか昔、八丈富士が噴火した際に流れ出た溶岩が海に流れ落ちてできたそうです。台地は溶岩が固まっただけあって、ごつごつした岩肌が続いています。

滝の裏側を歩ける『裏見ヶ滝』

八丈島観光

裏見ヶ滝は、山から流れ落ちる滝の裏側を歩いて通ることができる観光スポットです。三原川が中之郷の水田用水路と交差するときにできる滝だそうです。

裏見ヶ滝という名前は、用水路沿いの道が滝の内側を通るため滝を裏側から見るという珍しい景観に由来しています。

八丈島観光

滝を裏側から見ることなんてそうそうないですよね。

近くには裏見ヶ滝温泉もあるので、是非寄ってみてください!

八丈島郷土料理 梁山泊

おいしい八丈島の料理を楽しむならここがオススメです!

八丈島の島寿司やお刺身はもちろん、山菜や、特産品でもある明日葉を食べることができます!

海鮮料理は文句なしにとても美味しかったです!魚の脂が甘くてとろけるような味わいでした!

八丈島観光 八丈島観光 八丈島観光

個人的に一番美味しかったのは明日葉です!ちょっと意外かもしれませんが、これが本当においしかった!明日葉は八丈島で生産されている野菜で、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています!

魚や揚げ物でこってりした口の中をさっぱりさせてくれる逸品でした!八丈島に訪れたら是非食べてみてください!

また、梁山泊さんのイチオシメニューの一つが島寿司です。当日の15時までに予約しないと食べられないので、お忘れなく!

八丈島観光

島寿司は醤油漬けにしたお刺身で作られた握り寿司です。握る際はワサビではなく練りがらしが使われており、甘辛いお寿司の良いアクセントになっています!

とってもおいしいので、八丈島観光での晩御飯は是非「梁山泊さん」で島寿司を食べてみてください!

八丈島郷土料理 梁山泊基本情報

店名 八丈島郷土料理 梁山泊
住所 東京都八丈島八丈町三根1672
アクセス 八丈島空港から車で4分
電話番号 04996-2-0631
定休日 日曜日。月曜祝日の場合変更有り。※不定期に連休することがあります
公式HP http://www.rzp.jp/

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

八丈島は年中温かい気候なので、バカンスとして楽しむには非常に良い観光地です。夏は海を楽しみ、冬は温泉を楽しむことができます。

島自体そこまで大きくなく、車を使えば3時間ほどで1週することができます。

割と観光スポットは多いので、2泊3日でも見切れないほどでした!

島内にはレンタカー屋さんも多数あるので観光で訪れる際は車をレンタルして移動するのが良いでしょう。丸2日借りて5000円ほどでした。

個人的には食べ物が全部おいしくて、また行きたいですね。

この記事を読んで興味が沸いた方は、是非訪れてみてください!

 

それでは、良いエンタメライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました